最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし

    歯医者というと、昔は怖い場所というイメージがありました。しかし、今やそれは昔の話。今ではそれほど歯医者さんは怖いところではなくなりました。

    歯医者が怖い理由とは何なのか。それは何をされているかわからないということです。
    歯医者で行うことは、口の中に鏡を入れて状態を確かめたあと、なにか針金みたいなもので歯茎の隙間を削ったり引っ掻いたりしたり空気の出るものを吹きつけられたり、そして極めつけに嫌な音のするドリルっぽいものを口の中に入れられガリガリと削られたあとまたピンセットでなにか妙な味がする消毒液っぽいものを塗られて最後にうがいをして終わる。
    これらが主に行われているのですが、何をしているかは全く見えませんし、口の中の歯がガリガリ削られていくというのはやはりどうしても怖くなります。
    もしこのドリルがうっかり舌に触れたら…。そんなことを考えてしまったりしたことはないでしょうか。そもそも、ドリルっぽいものといいますがその形状を明確に思い出せるでしょうか。

    この、なにからなにまでわからないというのが怖さの秘密であり、何をされているかわかったら、痛いという感情は実はあまり湧いてこなかったりします。
    冷静に考えてみると擦り傷や骨折、脱臼の治療のほうが痛かったりするものであり、歯を削っても歯神経に触れない限り痛みは殆ど無いものです。
    なので最近の歯医者さんでは何をしているか説明をして恐怖心を和らげて治療するところが増えました。他にも歯の状態を見せたりしてどこがどうなっているのでこういう治療をすると、わかりやすい説明をしてくれるところも増えました。
    なので患者の人もどういった治療をするかわかるので、昔ほど怖くなくなっているんです。

    おすすめサイト

    Search
    Archives